このエントリーをはてなブックマークに追加

車中泊で求められる最大の機能は快適な睡眠が得られることである。長距離移動で仮眠を余儀なくされる人にとっても睡眠の質は重要である。車選びでフラットな睡眠空間が得られるというのはかなり魅力的なオプションである。

VOXY Trans-xというミニバンでは、以下の写真のようなフルフラットスペースを簡単に得ることができる。

フルフラットベッド

これはVoxy Trans-XまたはNOAH yyという、Voxy/NOAHのグレードの最大の特徴である。

キャンピングカーには憧れるが、普段の買い物や街乗り用の車以外にキャンピングカーを持つのは結構ハードルが高い。キャンピングカーが無理という方には、次の選択肢としておすすめできるキャンピングカーとまではいかないが、十分なある程度快適な睡眠が得られる車中泊性能(フラットなベッド機構)を持っているミニバンがトランスXまたはNOAHのyyグレードである。(ファミリー向けの軽キャンレベルとして、はっきり言って敵ナシなんじゃないかと思っている。)

このサイトではVoxy Trans-Xというメーカー純正の車中泊仕様に仕上げられたミニバンを紹介する。

前日の夜から異動して、海岸で一眠りして一日しっかり遊んだり、宿も予約せず、いけるところまでいって、たどり着いたところで寝泊まりをする。 サーフィンやアウトドアを趣味にしていると、ちょっと長期休暇になると車できままな旅に出てみたくなります。

仕事を引退して日本中を旅して回るなら、本格的なキャンピングカーや、ハイエースなどの車中泊仕様車もありですね。憧れます。 しかし、普段の買い物にも車を使ったりという一般的な家庭では、ハイエースやキャンピングカーは、あまりにも無駄が多すぎて非現実的です。 家族が普段使うことも考えると、やはりミニバンクラスやワンボックスが現実的な解です。

実際、ミニバンやワンボックスでいろいろと工夫をすると、ある程度フルフラットな居住空間を作って車中泊は可能です。 しかし、いろいろ不便があるのも間違いありません。

  • フルフラットといってもメーカーのフルフラットは、はっきりいってでこぼこです。シートの背もたれが水平になるだけの車種がほとんどです。
  • 3列シートでは荷台が狭く、意外と荷物が載りません。
  • シート下に物が置けないものが多く、フラットのベットを作るためには、かなり荷物を減らす必要があります。(もしくは車中泊中は、助手席や車外に荷物を置くなど工夫が必要)

フラットな睡眠空間を作るための一般的な対処で考えられることとしては、でこぼこを埋めるクッションの利用です。 メーカーの純正のシートのへこみ部分を埋めるようにビーズクッションや車種ごとに用意された専用のクッションを使う方法があります。さらにその上にマットを引いて寝ることになります。でも結構、面倒です。これはなんらかの対処を行う必要があります。

また、荷物スペースが足りないという要求に関しては、天井(屋根裏)と屋根上を使うことになります。天井部分には、クレトム社などから販売されているインテリアバーやネットを利用した収納追加があります。また、屋根上には、キャリアやジェットバックの追加で、ある程度の荷物スペースを確保することができます。 でも、天井の荷物はルームミラーに写り込むので運転時に邪魔になります。ミニバンの屋根に荷物を置くのは重労働ですし、雨降りのことを考えるとそれなりの手間と装備が必要です。

家族構成にもよりますが、十分な荷室のためには、私のような3~4人家族構成では、2列(5人乗り)のミニバンがベストです。

そんなわけでVoxy Trans-X/NOAH yyグレードという、ファミリー向けのキャンピングカーとして、はっきり言って敵ナシなんじゃないかというワンボックスを紹介します。 たぶん、ハイエース、キャラバンなどのバンを除いて、ファミリーカーとして利用可能な中ではダントツで車中泊に向いています。 キャンピングカーや軽キャンと比較すると、現時点で圧倒的なコストパフォーマンスです。

特徴

私が気に入った特徴を以下に列挙します。

  • 2列シートなので、荷室は十分です。そして、軽キャンと比べると圧倒的な容量、快適さ。
  • 本格的なキャンピングカー、車中泊仕様バン(ハイエース)より圧倒的に安い。
  • エルグランドやベルファイア等の高級ワンボックスにないフルフラット空間。
  • 燃費そこそこ。

これまで上げたように、いいことずくめではあるのですが、残念ながらこのグレードのVoxy/NOAH、実は現行のモデルには存在しません。なので、現時点では中古車を探すしかありません。

なお、受注生産ベースのかなりレアな車体なので、普通のトヨタの中古車屋さんで偶然見つけることはほぼありません。 また、現行車種にないので、TOYOTAのお店にいってもその存在を知ることはほぼないでしょう。 ただ、マニアックな車であったため、意外とあるところにはあるようです。車中泊仕様車を多く扱うお店が何台も集めていたりします。 中古車検索で引っかかるお店もそんなお店でした。 私は、大阪でこのVoxy Trans-X/NOAH yyグレードを大量保有している中古業者を見つけ、タイミングよく5万キロ、100万円程度の上玉を見つけることができました。

通常の車では10万キロごとのタイミングベルト交換が必要になりますが、Voxyはタイミングチェーンが使われているので10万キロでのベルト交換は必要ありません。 個人的には車は100万円あたり、10万キロ走れれば上玉だと考えています。なので、この車の走行目標は15万キロとなります。 オイルとタイヤといった消耗品をきちんとメンテしておけば、それ以上の大掛かりなメンテをしなくても15万キロぐらいならいけるのではと考えています。

また、見た目やサイズは完全にVoxy/NOAHなので、ミニバン経験者が普段の使い勝手で困ることはほぼないと思います。 あえて言うなら2列シート5人乗りというぐらいでしょう。(一般的なミニバンは7~8人乗り) その分荷物がたくさん乗ります。少なくとも我が家にとってはこれ以上ない最適なスペックです。

注意点

Voxy Trans-X/NOAH yyグレードがあるのは60系後期と70系のみです。 また、70系後期は2列めシートの形状がかわり、それまでのフルフラット性が失われてしまいました。 Trans-Xといっても本当にフルフラットを求めるなら60系後期と70系前期を選ぶ必要があります。 エンジンの進化や、乗り初めてからの耐用年数を考えると70系前期が今のベストバイだと思われます。



コメント投稿
最大255
最大1000
最大255
Email never displayed on this site. 最大255
Site is displayed. 最大255

記事一覧へ